toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

【34】人前で恥をかかないための話し方講座

開催データ

名称: 第34回 関西ライター勉強会
日時: 2011年7月9日(土) 18:45~21:00
テーマ: 「人前で恥をかかないための話し方講座」
講師: 堀内優美(ほりうち・ゆみ)氏
対象: ライター
場所: 大阪産業創造館6F 会議室C
大阪市中央区本町1-4-5

勉強会概要

ライターといえば、編集者や広告ディレクターの指示に従い、記事やコピーを書くことが主な仕事です。しかし不況と呼ばれる今、出版社、広告代理店からの発注だけを待っている余裕などありません。これまで培ったライターの技術を生かして社会のニーズに応えてゆくことが大事です。ビジネスパーソン向けに文章作成や編集のセミナー講師をするのも一つです。自身のPRになるとともに、ライターとしてのステータス・アップも期待できます。とは言っても、声が聞きとりづらかったり、話にまとまりがなかったりすると、せっかくのチャンスを台無しにしてしまいます。そこで今回は、フリーアナウンサー出身のライター、堀内優美氏に人前で上手く話すためのコツを伝授いただきました。

人前で上手く話せないという人のほとんどは、人前に立つと緊張してしまうようです。血液中にノルアドレナリンという物質が増えると、緊張状態に陥り、緊張しやすい人はこの物質が出やすい体質といえます。体質なので、訓練したからといって100%改善されるものではありません。という訳で、緊張しながらも聞き手に好印象を与える話し方のポイントを教わりました。

聞き手は、話の内容(言語情報)より、むしろ話し手の話し方や表情に対して反応します。緊張を抑えるための行動や、聞き手に緊張していることを悟られないためのテクニックが大事です。とくに有効なのが腹式呼吸。堀内氏に一人ずつ腹式呼吸をご指導いただいた後、早口言葉、そして歌舞伎十八番『外郎売(ういろううり)』のセリフを朗読しました。腹式呼吸は思いのほか腹筋を使うので、腹式呼吸初心者にとって体力的にハードな勉強会になりました。

講師紹介

堀内優美(ほりうち・ゆみ)氏

兵庫県生まれ。行政の企画情報課で広報・CATV局アナウンサーとして勤めた後、フリーランスに。これまで、関西テレビ「おめざめ天気」、ABCラジオ「甲子園ハイライト」、サンテレビ「レッツゴータイガースゴルフ」「ふれ愛・語り愛」、テレビ東京・千葉テレビ「オートレース中継」、GAORA「パ・リーグプロ野球中継」、CM「日本直販」「日清ラ王」等に出演。現在はフリーライターとして、asahi.com(朝日新聞)、デイリースポーツ、日刊ゲンダイ、オンリーメルセデス、月刊カラオケファン等でエンタテインメント分野の執筆や、行政での経験を生かしたまちおこしWebサイトの制作にも携わっている。

Pocket

関連記事