toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

代表挨拶

ライトスタッフ代表 北村守康

コロナ禍になって一年余りが経ちました。ワクチン接種が始まったものの、終息の見通しは依然立っていません。この状態がいつまで続くのかという不安、国民に寄り添った対策や対応とは決していえない政府への不満、このように世の中がギスギスしているときは、いつにも増して情報発信に気を配らないといけません。不用意な言動や、タイミングやトーンを誤った発信は、世間から大きな反感を買い、取り返しのつかないことになります。

ライター(writer)の役割は文字通り「書く」ことですが、広い視野で書けるプロの技術を活かして、組織や個人が自ら手がける文章のアドバイザーとしてライターを起用していただければ、より良い結果をもたらしてくれるに違いありません。

ライターにとっては一般の企業や個人と繋がる機会が増え仕事の幅が広がり、お互いにWINWINの関係を築けると考えます。書かずとも社会に貢献する、この新たなライターの価値を声高らかに叫んでいく所存です。

2021年(令和3年)4月
代表社員 北村守康