toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

【38】“作戦行動”をビジネスに応用!!元自衛官ライターの戦略的営業講座

このセミナーは既に終了しました。

開催データ

名称: 第38回 関西ライター勉強会
日時: 2012年6月29日(金) 18:45~21:00
テーマ: 「“作戦行動”をビジネスに応用!!元自衛官ライターの戦略的営業講座」
講師: 平藤清刀(ひらふじ・きよと)氏
対象: ライター
場所: 大阪産業創造館6F 会議室C
大阪市中央区本町1-4-5

勉強会概要

自衛隊が作戦行動をとる場合の順序や手順には、一般社会で私たちが行う「営業活動」に応用できる要素が多々あります。たとえば「攻撃目標を定める」は「営業先を絞る」、「作戦を立てる」は「企画を立てる」あるいは「営業戦略を考える」、得意先がどんな企画をもってライターを探しているのかを知りたいときは「偵察・斥侯(せっこう)」の手法がたいへん役に立つそうです。

今回は、元自衛官のライターで現在、即応予備自衛官でもある平藤清刀氏に自衛隊で学んだ作戦行動のノウハウを実際にどうやって日々の営業活動に応用しているかをお話しいただきます。

講師紹介

平藤清刀(ひらふじ・きよと)氏

大阪出身。1981~85年、陸上自衛隊勤務。除隊後は予備自衛官。綜合警備保障株式会社(現ALSOK)勤務を経て1991年に独立、執筆活動を始める。自費出版の支援やWEBコンテンツにも携わりながら、『自衛隊vs米軍もし戦わば』(あっぷる出版社)『予備自衛官になる本』(かんき出版)など著書5冊を出版。昨年は「ほんとうは強い日本」(田母神俊雄著・PHP新書)、「間接侵略に立ち向かえ!」(同・宝島社)、「作られた韓流ブーム」(別冊宝島)の制作に携わる。現在はライターをやりながら即応予備自衛官。

Pocket

関連記事