toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

実績に囚われないライター選定

「いいライターさんをお願いします」とライターの手配を希望される依頼者からよく言われるセリフです。ライターの選定の大切さを謳っている弊社に言うには、尤もなセリフですが、「いいライター」はなかなかいません。と言えば拍子抜けしますね。

どの依頼者からも「いいライターさんですね」と言われるパーフェクトヒューマンなライターさんはなかなかいません。少なくともそんなライターさんに私は出会ったことがありません。

「良い文章、悪い文章」はその人の価値観によって決まり、人それぞれ違います。「良いライター、悪いライター」も人によって捉え方が違ってきます。とても仕事ができると評判のライターさんに仕事をお願いしたら期待外れだった。そんな経験が何度かあります。それとは反対にそれほど第三者の評価が高くないものの、実際に仕事を頼んだら思いのほかいい仕事をしてくれたという経験も何度かあります。

大事なのは依頼者との相性・案件との相性

上記した良い・悪いは私の主観で、良い原稿を書いてくれると期待して起用したライターさんが、クライアントからあまり喜ばれなかったこともあります。一番の原因は、私の価値観とクライアントの価値観の相違です。と言えば、身も蓋もありません。ライターのコーディネートを主たるサービスにしている弊社の名誉に関わってきますので、少し弁解をさせてください。

私の価値判断でライターを選定していたのは、私がライターの原稿をすべてチェックして依頼者に納品していた会社創業初期で、ライターというより私のライター選定やライターへの指示が良くなかったのです。それらの失敗を教訓に、依頼案件とライターとの相性、依頼者とライターとの相性を一番に考慮し、自分(私)の執筆業務に対する考えは加味せず選定するようになってから、ライター選定による原稿の不出来はなくなりました。

そんなこともありライターの選定は、素人判断でするものではありません。ぜひライター選定のプロフェッショナルである弊社ライトスタッフへお問い合わせください。と言いたいところですが、それでは弊社本意の宣伝記事になってしまいます。ライターの選定についてヒントとなる内容をもう少し記すことにします。

実績を重視する場合としない場合

ライターを選定する際、私は実績をそれほど重要視しません。実績と原稿の良さは比例しないというのが、ライターソムリエとしての私の経験則です。これは言い切れます。原稿の良し悪しは依頼者が決めることで、依頼者の価値観はそれぞれだからです。相手の価値観はもちろんのこと、執筆案件の弊社に問い合わせて来るまでの経緯および背景、制作スタッフ体制などいろいろな要素が複雑に絡み合っていることを理解し、ひも解いたうえで理想的なライター像を模索すべきで、安直に実績重視でライターを選定すると後悔する破目になります。

とは言うものの実績重視をしなければならないケースもあります。例えば、企業広報誌に掲載するトップ(社長)インタビューで、その業界に造詣が深く、関連本などを多数手がけているライターをインタビュアーとして起用したいと依頼者が考えている場合。この依頼者は記事の中身は二の次で、実績あるライターがインタビューしたというフレーム(額)が最も重要なのです。妙な話ですが、必ずしもライターが良い原稿を求められている訳でもなく、ネームバリューのある人を求められることもあります。

お金だけでライターのやる気は引き出せない

しかし大半の依頼者は、ライターに良い原稿を求めます。なら実績を重視する必要もありません。良い記事を書いてくれそうなライターを選定すればいいのです。良い記事とは、美味しい料理、魅力的な異性と同じ、人それぞれの価値観によって違ってきます。どういう基準でライターを選定すればいいのか? その方法について記したブログ記事が本文下にありますので、ぜひご参照ください。

ライターも人それぞれ価値観が違います。割に合わない仕事なので断られても仕方ないと思いつつ、あるライターさんに相談したら快く引き受けてくれました。後日別件で内容の割に高額な仕事を「喜んでくれる」とそのライターさんに案内したら断られました。そのライターさんは費用より仕事の中身、自分がしたい仕事かどうかを重視する人で、ライター業務に対する受け止め方も私とずいぶん違っていました。ライターに限らず、お金で解決することが多いですが、必ずしもお金だけで解決しないのが、うれしくもあり難しいところです。

【関連ブログ】
ライターのペルソナを創造してライターを選定する
https://www.writer.co.jp/personasozo/

****************************************************
大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山でライターを
お探しの方は、ライトスタッフにご相談ください。

◆オフィシャルサイト:https://www.writer.co.jp/
◆ライターとの出会いをサポート:https://www.writer.gr.jp/
◆電話でのお問い合わせ:06-6364-5657
◆メールでのお問い合わせ:https://www.writer.co.jp/inquiry/
◆営業時間:平日10:00~19:00
◆定休日:土曜・日曜・祝日
◆住所:〒530-0055 大阪府大阪市北区野崎町1-25新大和ビル207
◆駐車場はございません。公共交通機関をご利用いただくか、
お車の場合はお近くのコインパーキングをご利用ください。
****************************************************

関連記事