toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

ライターのペルソナを創造してライターを選定する

ライターに執筆業務を依頼する場合、ライターに何を期待しますか?

「いい文章に決まっているじゃないか!?」と反射的にそう思った方は多いと思います。確かにそうですが、その言い方(考え方)はあまりにも抽象的過ぎます。 

良い文章、悪い文章は、人によって異なります。メディア記事や広告制作する際は、ターゲットとする典型的な読者像・消費者像であるペルソナを作り上げ、それに向けて興味を持って読んでもらえるよう記事や広告の方向性や内容をディレクターや編集者が創造し、それに合わせてライターを選定するのが一般的です。

編集者やディレクターは、執筆の内容に合わせて、そのテーマや分野に詳しい人、同様の内容や媒体に実績豊富な人を必要条件とすることがよくあるのですが、その考え方がライター選定を誤るそもそもの原因になっていると私は考えます。

依頼者としてライターに求めるのは原稿の出来だけか?

抱えている案件が、経験の無い分野や媒体であったり内容に苦手意識を持っていたりして自信がないので知識と経験豊富なライターに頼りたいという依頼者の気持ちはよく分かります。しかしそうではなく、依頼者が「こんな執筆にしたい」と明確で具体的なイメージを持っていて、ライターをコント―ルできる状況にあるなら、ライターの知識と経験に固執する必要はなく、他に目を向けてライターを選定するべきだと私は考えます。

例えば、依頼者との相性に目を向ける。「ライターは私の指示に従うべき」と考えるリーダーシップを発揮したい依頼者の場合、自己主張の強いライターだと意見がぶつかる恐れがあるので、指示に黙々と従うライターだと意見のぶつかりは無くなります。

執筆の方向性と内容は明確だが一般消費者が理解でき、興味を持って読んでもらえる文章にしたいのなら、「小難しく専門性ある内容をうまく咀嚼して平易な内容・表現にすることが得意な人」そんな特性を持ち合わせるライターを探すべきです。執筆分野の知識は依頼者が持っているので、とくに必要条件にすることはありません。

そう言うと、「執筆内容に知識がないといちいち説明しないとならないので面倒」と反論される方がいます。なら知識や実績豊富なライターを選定していいのですが、上記したように意見のぶつかりは大目に見てください。知識・実績豊富でありながら自己主張しないライターを選べばいいですが……。

連絡がつきやすい、レスポンスが早い、相談しやすい、ライターとしてアイディアが豊富で出し惜しみしないなど、ライターは当然やってくれるものと思いがちです。しかしこれらはライターという職業の特性ではなく、個人の特性です。それをどうとらえるかは依頼者個人の考え方だと思います。ライターの立ち居振る舞いを重視する依頼者にとって、上記を軽視した行動はストレスが溜まり、たとえイメージ通りのいい原稿を納めてもらっても手放しで喜べません。原稿は良かったが、ライターの選定は誤った。もう二度とあのライターは起用しない、そんな心境になるかもしれません。いい原稿さえ納品してくれさえすれば、多少のことは目をつむれるという依頼者であれば問題ありませんが。

今回のライター選定は、食材選び? スパイス選び?

多くの依頼者(ライターに執筆依頼をする・しようとしている人)は、ライターにいろいろと求め過ぎのように思います。ライターは、スーパーマンでも聖徳太子でもありません。依頼者側が持っている知識や経験、技術まで求めるのではなく、自分たちにないものを補ってもらうという発想でライターを選定すれば、結果総合力が大きくなるでしょう。

執筆案件の全体像を冷静に把握して、どんなライターが制作チームに加われば、執筆業務が円滑に進み、イメージ通りの原稿が上がってくるか。ライターのペルソナを吟味して、それに近いライターを選定するのが最善の策だと私は考えます

ライターの選定を料理に例えるのなら、依頼者は料理人。執筆を全面的に任せたいのであれば食材探し・選び、依頼者の足りないところを補ってもらいたいのであればスパイス探し・選びになると思います。弊社ではそのように考えて、サービスとしてライターをコーディネート(手配)しています。

【関連ページ】
ライトスタッフのライターコーディネート
https://www.writer.co.jp/writer-coordination/

****************************************************
大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山でライターを
お探しの方は、ライトスタッフにご相談ください。

◆オフィシャルサイト:https://www.writer.co.jp/
◆ライターとの出会いをサポート:https://www.writer.gr.jp/
◆電話でのお問い合わせ:06-6364-5657
◆メールでのお問い合わせ:https://www.writer.co.jp/inquiry/
◆営業時間:平日10:00~19:00
◆定休日:土曜・日曜・祝日
◆住所:〒530-0055 大阪府大阪市北区野崎町1-25新大和ビル207
◆駐車場はございません。公共交通機関をご利用いただくか、
お車の場合はお近くのコインパーキングをご利用ください。
****************************************************

関連記事