toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

プレスリリースの基礎知識

マスメディアは情報を求めている

新聞や雑誌の紙誌面で企業の新商品が紹介されたり、テレビのニュースや情報番組で企業の新サービスが紹介されたりしているのをよく目にすると思います。これらは広告とは違い、企業からは新聞社やテレビ局にいっさい料金は支払われていません。これ自体が新聞紙面やテレビ放送の中身(メインコンテンツ)であり、人々の興味はココに注がれます。雑誌やテレビ番組は、読者や視聴者が求める情報を提供することで、販売部数や視聴率をキープし広告収入を得ているのです。

マスメディア(新聞・テレビ・雑誌・ラジオ)は、販売部数や視聴率をアップあるいはキープするために、「世間に役立つものはないか」「おもしろいものはないか」と常に掲載・放送する情報を探しています。ですからマスメディアに取り上げてもらおうと思えば、「自社はこんな画期的な商品を開発しました」とか「こんなユニークなサービスを開始します」とか、コチラから仕掛ければよいのです。それがプレスリリース(記者発表)です。またプレスリリースは、記者発表するときの報道資料そのものを指します。

プレスリリースの目的

上記のようにプレスリリースは、新聞やテレビなどのマスメディアに、自社の新商品や新サービスに関する情報を送り、記事やニュースとして取り上げてもらうためのツールです。しかし、マスメディアに取り上げられる・取り上げられないというのは、あくまで結果論です。自社のニュース(新しい活動)を、“社会の窓口”というべきマスメディアに発信してゆく姿勢こそが最も大事で、それを世間に示すことで広報の目的である「社会の信頼獲得」に繋がるのです。そういう意味で、マスメディアへの発信と並行して、プレスリリースの掲載・配信サイトを活用するのは非常に有効なやり方といえます。

【パブリシティとは】
マスメディアに記事やニュースとして紹介されること。また、プレスリリース、記者会見のほか、メディアに取り上げられるためにする活動全般のことも指す。

    【広告とパブリシティとの違い】

  1. 広告は費用がかかるが、パブリシティは一切費用がかからない。
  2. 広告は費用さえ支払えばほぼ確実に掲載・放送できるが、パブリシティは行ったからといって、掲載・放送されるとは限らない(掲載の有無はメディア側が決める)。
  3. 広告の内容は、規定の範囲内で広告主が自由にすることができるが、パブリシティはその内容や切り口はメディア側に決定権(編集権)がある。

その結果、広告が自社が自社を売り込む“自画自賛”的な印象を読者・視聴者に与えるのに対し、<パブリシティはマスメディアという信頼のおける第三者の客観的な情報として受け止められます。従って、広告よりもパブリシティのほうが断然、読者や視聴者への影響力は大きくなります。

Pocket

関連記事