toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

ライトスタッフのライター仲介の特長

弊社のライターコーディネート(ライターの手配)のサービスは、ライターを探している企業や個人に対して、最適なライターを手配して原稿納品までを責任もって遂行するサービスです。

「ライターの仲介業」としてライターを依頼者に手配し、マージンを取るビジネスモデルであることに間違いありませんが、単にマージンビジネスをしているだけと思われては、弊社の独自性もサービスとしての有効性も伝わりません。弊社ライトスタッフのライターコーディネートを利用することの優位性を解説します。

案件に関する知識量や実績だけでライターを選定しない

何と言っても一番のウリは、ライターの選定です。依頼者が要望するライターを言われるがまま手配するのではなく、ライターを探すに至った経緯、執筆案件の背景、依頼者の性格などを積極的にヒアリングし、「どんなライターを起用すれば依頼者にとって正解か?」という観点でライター像を見直します。ミスマッチングなライター像を求めてくる依頼者も少なくありません。

たとえばA業界の広報誌に掲載する記事を書くに際し、A業界に詳しく関連の執筆実績が豊富なライターを起用したいと考えるのは尤もな意見です。しかしA業界団体の新会長の人となりを紹介するインタビュー記事で、会長の鶴の一声で記事内容が白にも黒にもなる性質の取材案件ならば、A業界に詳しいというより、取材の場で会長と話が盛り上がるか否かが重要になってきます。場合によっては業界の知識は不要なケースもあります。しかし依頼者の多くはそんなことを考えずA業界に詳しいライターを手配さえすれば万事うまく事が運ぶと考えがちです。申し分ない実績のライターを起用したのにイマイチだったという結果になるのは、たまたまそのライターが良くなかったという訳ではなく、選定するライター像が良くなかったのです。

またライターに変な幻想を抱いている依頼者にも稀に出会います。マーケティング戦略もないのに上手く文章を書いてもらえれば自社商品(サービス)が売れると思ってライターを探しているような方です。仕事になるからといって、そのまま取引きるのはお互いにとって良くありません。弊社なら話を聞いたうえで、ライターに幻想を抱いているなら、その旨を正したうえで取引きするか否かを話し合います。

依頼者・ライター両者にとって良き緩衝材

依頼者にとってもライターにとっても、初めてやり取りする相手には遠慮がちになってしまうもので、本音を言えず、それが積み重なると仕事に悪影響を及ぼします。依頼者とライターとの間に入り、緩衝材的な役割を果たすのが仲介業者であるライトスタッフの役割です。

依頼者には弊社が手配したライターと直接やり取りしてもらいますが、やり取りの過程で生じる相手への不満や要望などは遠慮なくライトスタッフに言ってもらえるような雰囲気や環境を整え、お互いのモチベーションを崩すことなく改善や調整を行うことが私たちの最大の役割だと考えています。この緩衝材的役割があるか否かで仕事の出来不出来は劇的に変わってきます。そういう意味でも、ライターと直接取引きをするよりも弊社のライターコーディネートサービスを利用するほうが、より良く仕事が運ぶと胸を張って言い切れます。

【関連ブログ】
失敗しないためのライター選定
https://www.writer.co.jp/shipainaisentei/

****************************************************

ライター手配のライトスタッフ

◆オフィシャルサイト:https://www.writer.co.jp/

◆ライターとの出会いをサポート:https://www.writer.gr.jp/

◆電話でのお問い合わせ:06-6364-5657

◆メールでのお問い合わせ:https://www.writer.co.jp/inquiry/

◆住所:〒530-0055 大阪府大阪市北区野崎町1-25新大和ビル207

****************************************************

関連記事