toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

知識ゼロから分かるライターのお仕事

この記事を読もうとしている方の中には、ライターという職業についてほとんど知らない方もいると思います。今回は、ライターという職業はどんなことをするのかを、過去に書いたブログとリンクさせながら説明していきます。

ライターが文章を書いて生計を立てているというくらいはお分かりだと思います。作家も文章を書いて生計を立てていますよね。それでは、作家とライターはどう違うか? まずは下記ブログをご覧ください。

ブログ「作家とライターの違い」

作家とライターとの違いをご理解いただけましたか?
一括りにライターと言っても、いろんな種類のライターがいます。それらについて説明した下記ブログをご覧ください。

ブログ「ライターの種類」

上記ブログにも書いたように、私個人の認識であり確固たる定義がある訳ではありませんが、ライターを起用する仕事関係者の共通認識としてはほぼ間違いないと思います。

ライターという職業

出版社や広告制作会社から文筆の依頼を受け、文章を納品するのがライターの仕事です。それなら学校の国語教師にもライター業が務まるのではないか? しかしライターと国語教師の書く文章は基本的に違います。下記ブログにその答えがあります。

ブログ「ライターという職業(その1)」

では実際にライターはどうやって仕事を得るのか、どんなライターが仕事発注者に好まれるのか、下記のブログをご覧ください。

ブログ「ライターという職業(その2)」

ライターコーディネーターの私が考える、敏腕ライターの具体的な特徴を下記のブログに記してあります。

ブログ「ライターという職業(その3)」

いかがでしたか?
ライターという職業にご興味を持っていただき、ライターになりたい、ライターに一度仕事を依頼してみたい、そう感じていただければ大変うれしいです。

Pocket

関連記事