toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

こんにちは2015年。思いきり楽しみましょう!!

明けましておめでとうございます!!

待ちに待った2015年がついに到来しました。
と言うのも、昨年はいろいろあって、体調を崩してしまい、しばらく休養をしておりました。これまでの無理がたたったようです。

元来僕は、自由人で自分のやりたいことしかしないタイプの人間です。20代はフリーター(シナリオライター志望)として青春を謳歌していましたが、年齢を重ねるとともに、周囲は就職、結婚をしていき、平気な顔をしつつも内心はかなり焦っていました。「いつまでもこんなこと(フリーター)はできない」と20代後半になって就職活動をやり始めるのです。やりたかった映像関係の仕事に就けたのですが、それまで自由気ままにやって来た分、決まりが多い営利組織の水に僕は馴染めず、数ヵ月で退社してしまいます。

紆余曲折を経て、あるご縁で雑誌のライターになれました。その数年後、ライターをコーディネートする現在の会社を立ち上げることになるのです。僕はそれまで、一つの職場で何年も働いたことはありませんでした。よほど水が合ったのか、現在の職場である合同会社WRITE STAFFでは、設立準備期間を入れて10年あまり働いています。

定職にも就かず自由気ままに過ごした20代の分を取り戻すそうと、この10年あまり、好むと好まざるに関わらず、自分の感情を抑え必死に仕事をこなしました。社会人としては当り前だと思いますが、元来自由人の僕にとっては、かなりの無理だったようです。

原因不明の動機、めまい、倦怠感に悩まされ、これまでにない辛く、くやしい経験をすることになります。結局、3ヵ月余り仕事を休むことになりました。
その間、多くの方々の励まし、いろいろなご縁があって復調の兆しが芽生え、昨年10月に仕事復帰できるまでに回復。とにかく、年内いっぱいはリハビリのつもりで、あえて仕事のペースを抑え、楽しい気分で一日を過ごすことに努め、今に至ります。

150103新年になり、気持ちも新たに、本当の意味での仕事復帰をしたいと思います。
一昨年、昨年と「人生で一番働いたと思える一年にする」などと目標を立てたのですが、今年はそんなバカなことは口にしません。「会社設立以来、一番楽しいと思える一年」にするべく、楽しく、健康的に過ごすつもりです。

Pocket

関連記事