toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

運に助けられた、この10年

ハッキリ言って私はコンプレックスの塊のような人間です。学歴は無い、頭は悪い、仕事ができる訳でもありません。ルックスにも、トークにも自信はありません。ただ行動力と責任感だけは人並みにあるつもりです。
もしこれを能力と言うのなら、運だけはいいと思います。

何の取り得もないこんな私が曲りなりにも自分の城を構え、営業活動できているのは、自分の商才でも努力でもありません。
「10年も会社経営しているのはスゴイ‼」と言ってもらえることもあるのですが、特別なマーケティング戦略やバックアップがある訳ではありません。経営的に厳しい時期が長く続きましたが、多くの人の励ましや援助のおかげで何度も危機を乗り越え、絶体絶命のタイミングで、不思議と大きな仕事が入ったり、同時に複数の仕事が動き出したり、運よく持ちこたえて来ました。
%e9%81%8b%e3%81%ab%e5%8a%a9%e3%81%91%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%81%e3%81%93%e3%81%ae10%e5%b9%b4

ある程度経営が落ち着いた今も順風満帆だという意識はなく、一寸先は闇と常に危機感を持っています。同時に「自分は運がいい」という漠然とした気持ちも存在します。だからと言って、運任せで何の努力もしていない訳ではありません。常にどうすれば会社の業績が上がるか、大きく成長できるか、無い知恵を絞っています。

「絶対に会社をつぶせない」最近とくにそんな心境に駆られます。当社にサービスを発注してくれているクライアント様、当社のサービスを担ってくれているフリーライターの皆さん、経営を縁の下で支えてくれている弁護士さん、税理士さん、当社と私を応援してくださる方々にご迷惑をかけたり、悲しませたりすることはできないという気持ちが年々大きくなっています。母そして先祖を悲しませたくないという思いも強いです。数年前までは、そんな気持ちはありませんでしたが、北村家の長男としての自覚が芽生えたのでしょう。

運に助けられた10年でした。こらからの人生は自分の努力で切り拓いて行きたいと思います。
何の取り得もない私ですが、ライトスタッフという会社を通じて、多くの人と関わり、深く良い関係を築き、社会貢献をすべく頑張っていく覚悟でいます。

Pocket

関連記事