toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

恋人岬

私事ですが、体調を崩し、今月は仕事をセーブしています。深刻な病ではありません。体はいたって元気です。ただストレスが原因で、不意に息苦しさや倦怠感、脱力感に襲われ、何もできなくなることが年明けから続き、今月いっぱい進行中の仕事以外はやらないことにし、19日~23日までグアム島で過ごしました。

グアム旅行を決めたとき、体調は回復傾向にありましたが、その後に悪くなり、お医者さんからは旅行を止められていました。出発の1週間前に、宿泊予定のホテルがボイラー故障したと旅行代理店から連絡が入りました。選択肢は3つ。1、そのホテルに宿泊して、シャワーだけ他のホテルを利用する。2、ホテルを変更する。3、この旅行自体を取り止める(その場合、キャンセル料は0円)。旅行をキャンセルできるチャンスもあったのですが、私はホテルを変更して行くことに決めました。体調も落ち着き出しましたし、とにかく海外に行きたかったのです。

グアム旅行は、想像以上に楽しめました。とにかく日常を離れ、ゆっくり寛げたので、旅先で体調が悪くなることもありませんでした。
海外旅行に出かけた際は、旅の思い出に置物を買って来るようにしています。今回は、ABCストアで木の置物(※写真参照)を18ドルで買いました。デザインが気に入りました。

この置物を買った2日後に、島一周バスツアーに参加。最後の立ち寄りスポットは恋人岬というところでした。スペイン統治時代、現地のチャモロ人男女が悲恋の末に、岬の断崖絶壁から身を投げたという伝説から、その岬は恋人の聖地となっています。お土産店には、私が18ドルで買った置物が15ドルで売られていました。その伝説をモチーフにした置物だったということのを、そのとき初めて知りました。

グアムへの観光客は、カップルか家族連れが大半で、私のように一人で来ている人はほとんどいません。私が宿泊したホテルの中庭には結婚式用のチャペルが象徴的に佇んでいました。再びグアムを訪れたいですが、次は一人で訪れる勇気はありません(苦笑)。

帰国の日、空港でチェックインを済ませ、無料WiFiに接続しスマホの画面に目を向けると、「小林麻央さん死去」のニュースが飛び込んで来ました。スマホを持つ手が震えました。日本を代表するカップルは、麻央さんの死去とともに伝説のカップルになりました。

支離滅裂になりましたが、今回のグアム旅行はこんな感じでした。彼女ができたら、すぐにでもグアムに一緒に行きたいきょうこの頃です。

Pocket

関連記事