toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

【第3回セミナー】はなこ(女性誌:Hanako WEST)な誌面のつくり方

開催データ

名称: 第3回セミナー
日時: 2006年9月2日(土) 18:45~21:00
テーマ: 「はなこ(女性誌:Hanako WEST)な誌面のつくり方」
講師: 北脇朝子(きたわき・あさこ)氏
対象: 現役のライター(記者)
場所: 大阪産業創造館5F 研修室D
大阪市中央区本町1-4-5

セミナー概要

当雑誌において北脇氏は、関西出身であると同時に関西でキャリアを積み上げた初めての女性編集長です。東京からやってきた歴代編集長の“ベタで派手好き”という誇張した関西人を読者に設定した誌面づくりに違和感があったといいます。「東京の人がイメージするほど、強いクセが関西人にあるとは思えません。それに20代の女性が欲しい情報は、どこに住んでいようがそんなに違いはありません」と話すように、街へ繰り出し、人と対話し、等身大の読者目線でいろいろと思案するのが“北脇流ハナコな誌面づくり”なのです。

「誌面づくりに関する悩みは?」との質問には、「誌面づくりが私の仕事ですから、悩みだと思ったことはありません」という前向きな回答を。新規のライター採用に関しては、「募集をしているわけではありませんが、売り込みとして編集部へ電話してきた方には、全員とお会いしています」とライターにとってうれしい答えが返ってきました。当編集部に限っては、持ち込んだ企画をそのまま採用するケースは少なく、ライターの実績や資質を見て、仕事の依頼をするとのことです。ライターに対する要望は各媒体によって異なりますが、編集部の企画・オファーに対して、柔軟性にきっちりこなせるライターが『Hanako WEST』には適任だといえそうです。

講義終了後、通例の編集長と受講者の名刺交換では、自分を売り込む男性ライターの姿も多く見受けられました。

講師紹介

北脇朝子(きたわき・あさこ)氏

(株)マガジンハウス『Hanako WEST』編集長。滋賀県出身。滋賀大学卒業後、メーカー勤務、フリーライターを経て、95年に(株)マガジンハウス入社。『Hanako WEST』編集部配属。04年より現職。

Pocket

関連記事