toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

プレスリリースの作成方法

プレスリリースの題材(テーマ)になりえる事柄

プレスリリースにはどのような題材を選ぶべきなのでしょうか。一般的には、新聞の記事やテレビのニュースとして、よく扱われている新鮮な(新しい)情報、例えば

    ・新商品・新サービス等の発売
    ・イベント、キャンペーン等の開催
    ・会社・団体・店舗等の開業、ウェブサイト等のオープン
    ・社会(世間)や業界の動向を示すアンケート結果

といったテーマが考えられます。その他にもリリースを発信する組織や受け取るメディアの特性によっては、

    ・上場企業や超有名企業ならば、役員人事、決算の報告
    ・医療機関であれば、難しい手術の成功報告
    ・研究機関であれば、研究成果の報告

といった事柄も、ニュース・バリューを持つテーマと言えるでしょう。

プレスリリースにふさわしくない内容

どこにでもあるような商品やサービス、またはイベントなど、当たり前の内容はニュースや記事にはなりません。PRの世界では、よくこんな表現をされます。

人が犬に噛まれてもニュースにならないが、人が犬を噛んだらニュースになる。

しかし、いくら斬新な事柄でも、世間のニーズがなければ、ニュースにはなりません。端的に言えば、ニュースとは今、社会の人々が知るべき情報です。この要素が入っていないプレスリリースがメディアに取り上げられることはありません。常日ごろから、新聞記事やテレビニュースに目を通し、今、何がニュースになっているかを知っておくことは非常に大事です。

プレスリリースを書くときのチェック項目

プレスリリースを作成する際のチェックポイントを以下に列挙してみます。

    ・プレスリリースの形式に則っているか
    ・情報が過不足なく整理されているか
    ・宣伝チラシや広告のように発信者の都合のいい情報・内容になっていないか
    ・内容・数字(データ)に信憑性があるか
    ・内容が専門的過ぎないか
    ・プレスリリース(メディア発表)として相応しいテーマか
    ・ニュース・バリューがあるか 等々

上記の条件を満たしたリリースは、メディアにありがたがられます。

プレスリリースは、読みやすさ・端的さが特に求められる資料です。いくら価値ある内容でも一読してよく理解できない書き方をしているものや要点を外しているものは、ニュースや記事にはなりません。“中学生が理解できる”内容に落とし込むことが望ましいとも言われますので、書き方や表現には十分な配慮が必要です。

Pocket

関連記事