toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

クロマニョン人に教えてもらったこと

中学・高校の歴史の授業で「クロマニョン人」って学びましたが、クロマニョン人を100~150字で説明できますか? 「アウストラロピテクス」は、サルと枝分かれした初期の人類くらいは説明できますが、100字も書けませんよね? ジャワ原人、北京原人、ネアンデルタール人、クロマニョン人に至っては、学者か天才かマニアくらいしか一言も説明できないと思います。

それでは二択の問題です。下の写真でクロマニョン人に近い姿はどちらのフィギュアでしょうか?

人類は枝分かれしながら進化した

上記問いの答えを言う前に人類の進化を簡単に説明します。
人類はサルから猿人、原人、旧人、新人(現生人類)と進化した訳ですが、決して1本の線で繋がっている訳ではなく、木の幹に無数の枝が生え、その枝にまた枝が生えるように枝分かれしながら進化して来ました。現在の人類は、私たち「ホモ・サピエンス」という1種類の人類しかこの世に存在していませんが、数万年前にはホモ・サピエンス以外に、少なくとも3種類の人類が同時に存在したと考えられています。その内の1種がネアンデルタール人です。

学名は、「ホモ・ネアンデルタールレンシス」で、私たちホモ・サスピエンスとの共通の祖先「ホモ・ハイデルベルゲンシス」から枝分かれした別種の人類です。ホモ・ハイデルベルゲンシスは、「ホモ・エレクトス」という種から枝分かれしました。ジャワ原人も北京原人もこのホモ・エレクトスから枝分かれしたので、ジャワ原人(学名は「ホモ・エレクトス・エレクトス」)、北京原人(学名は「ホモ・エレクトス・ペキネンシス」)、ネアンデルタール人は、私たちホモ・サピエンスの直接の祖先ではないのです。

ブラピのようなクロマニョン人

クロマニョン人は、ホモ・サピエンスです。なので上記問いの答えは、写真に向かって右側の“ヒト”です。ヨーロッパの白人であるコーカソイドの祖先なのでブラット・ピットやエマ・ワトソンのような風貌の人もいたでしょう。ちなみにホモ・サピエンスの和名は「ヒト」といいます。生物学的分類上の名称で、「人」と概念は異なります。

下記の写真は、コトバンクによる「クロマニョン人」の解説文です。

現生人類とは、私たちホモ・サピエンスのことを指し、「化石現生人類」とは、化石化したホモ・サスピエンスの人骨のことを意味します。私はここで大きな疑問を持ち、しばらくの間、悩みました。

クロマニョン人は、ホモ・サピエンスなのに、なぜ敢えて「クロマニョン人」と表現するのか?

私たちヒトの学名の正式名は「ホモ・サピエンス・サピエンス」で、二つ目の「サピエンス」は亜種という、種の下の階層です。なので、クロマニョン人の学名は私たちホモ・サピエンス・サピエンスに極めて近い別の亜種「ホモ・サピエンス・クロマニョンズ」ではと考え、確認のため調べますが、クロマニョン人は「ホモ・サピエンス・サピエンス」という説明しか出て来ません。本やサイト、答えを知ってそうな知人に聞くのですが答えは出ず、多くは興味すら示してくれませんでした(笑)。

固定観念があると素直な解釈ができない

クロマニョン人の定義がどうしても分からず、専門家を探して電話かメールで質問しようと思った矢先、あるサイトにたどり着き、クロマニョン人の定義が分かり、スッキリしました。

上の解説文(画像)にあるように、クロマニョン人は1868年に南フランスのクロマニョンという地域の岩陰遺跡から発掘された人骨の化石のことで、この化石人類のことを「クロマニョン人」と名付けました。この人骨は、3万5,000年~1万年前に生きていたホモ・サスピエンス(ヒト)のもの。というだけのことです。

ジャワ原人、北京原人、ネアンデルタール人など種の次元で考え、思い込んでいたので、その発想にたどり着けませんでした。
化石化した人骨の個体が生きていたのが、3万5,000年~1万年前と言っているだけなのに、その年代をクロマニョン人という種が生息(進化して絶滅するまで)していた時期と解釈していました。

この誤認の原因は、ネアンデルタール人などの種と一緒に紹介されていることがあっても(※例えば上の画像のような場合)、「クロマニョン人とは、種を示すものではありません」など、誤認しやすい表現なのに、ほとんどの資料には注意書きがないことです(私が調べた限りありません)。

ライター手配のオーダーで、「新鮮な視点や表現がほしいので固定観念がない、当件に関して知識の無い人をお願いします」と担当ディレクターから指定されることがあります。今回の誤認も私が生半可に人類進化の知識を得たことで、柔軟な発想ができず誤認からしばらく抜け出せませんでした。

****************************************************
大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山でライターを
お探しの方は、ライトスタッフにご相談ください。

◆オフィシャルサイト:http://www.writer.co.jp/
◆ライターとの出会いをサポート:http://www.writer.gr.jp/
◆電話でのお問い合わせ:06-6364-5657
◆メールでのお問い合わせ:http://www.writer.co.jp/inquiry/
◆営業時間:平日10:00~19:00
◆定休日:土曜・日曜・祝日
◆住所:〒530-0055 大阪府大阪市北区野崎町1-25新大和ビル207
◆駐車場はございません。公共交通機関をご利用いただくか、
お車の場合はお近くのコインパーキングをご利用ください。
****************************************************

▼役に立ったと思ったら、シェアしていただけますと幸いです。

Pocket

関連記事