toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

ライター探しに困った際、ライトスタッフという選択肢

新型コロナウイルス感染拡散により緊急事態宣言が全国に発動され、今年のGWはステイホーム、オンライン帰省とこれまでとはまったく違う日々を過ごされたと思います。さらに5月末まで外出自粛の延長を強いられ、心身ともに大変お疲れのことでしょう。BC(ビフォア―コロナ)、AC(アフターコロナ)という新たな単語が示すように、私たちの生活や仕事のスタイルは基本から大きく変わろうとしています。

新型コロナは、私たち人類に他人との接触という社会活動の基本に制限を課しました。オンラインによるテレビ電話が容易に使える時代で良かったと思うのは私だけではないと思います。15年前、20年前だったたらどうでしょうか? このコロナウイルスの世界的蔓延の一因はITの発達に伴って発展したグローバル化よるものなので、そもそも論になりますが。とにかく私たちは好むと好まざるに関わらず、さらにITに頼らざるを得なくなりました。

依頼者の選択肢が広がり、ライターの営業範囲は全国になる

今後ライターは、ズームやスカイプ等によるテレビ電話でのインタビュー取材や仕事依頼者との打ち合わせが当たり前になります。そうなると東京在住の取材対象者のインタビュー取材を東京(関東)在住のライターに依頼しなければならない制約もなくなります。北海道の取材対象者を大阪のライターが自宅でインタビュー取材することも一般的になるでしょう。

弊社は大阪市内に事務所を構え、コーディネートできるライターの大半は関西在住者です。これまで関西以外の地域から、関西での取材に対応できるライターを手配してほしいという依頼がありましたが、今後テレビ電話取材の普及でこういった依頼は無くなっていくでしょう。もちろんイベントや講演会など現場取材が必要なものは、これまで通りライターが現場に行くことになります。インタビュー風景の写真撮影が必要な場合もこれまで通り、編集者(ディレクター)、カメラマン、ライターは取材現場に行くことになると思います。

ライターを探している人は、在住エリアを考慮する必要が無くなり、執筆案件にふさわしい仕事をしてくれるか否かだけでライターを選定できるようになります。(執筆案件の)依頼者はライター選定の選択肢が一気に広がり、ライターは全国から執筆依頼を受けることができるようになります。だからと言って、ライターの売上げが増えるとは思っていません。ライターの二極化がさらに進み、廃業する人も増えると思います。また何らかの理由で、ライターへの執筆ニーズが激減した場合、依頼者のニーズを満たすごくごく一部の人しかライターとして生き残れません。

ライターへの執筆ニーズが今後も伸び続けると願いつつ、ライター探しに困った際は、私ライトスタッフの北村までお気軽にご相談いただければ、執筆案件にふさわしいライターをコーディネートさせていただきます。

ライトスタッフは転ばぬ先の杖

弊社のライターコーディネートサービスを検討するにあたり、以下のことが気になると思います。
A.ライターと直接やり取りできないんじゃないだろうか?
B.費用が高いんじゃないか?
C.この会社で大丈夫か?

Aですが、仕事の受注は弊社ライトスタッフがしますが、仕事のやり取りはもちろんライターと直接していただけます。
Bに関してですが、コーディネートするライターによっても、仕事のやり方や進め方によっても費用は変わって来ます。ご納得いただける金額に近づけるようにします。
Cは実際にやり取りして、発注する・しないを決めていただければと考えます。2006年5月に会社設立と同時にライターを仲介するサービスを開始し、試行錯誤しながら現在のスタイルに落ち着きました。

弊社サービスをご利用いただくメリットは、弊社を挟むことでさまざまな特徴を持つライターを起用できること。また同時に何人ものライターを手配できることです。弊社サービスの最大のウリは、的確なライターの選定です。ライターを日常的に起用しているクリエティブディレクターの方々におきましては、ライトスタッフという選択肢を一つお持ちいただければ、転ばざる先の杖になると考えます。

【関連ページ】
ライターコーディネート
http://www.writer.co.jp/writer-coordination/

****************************************************
大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山でライターを
お探しの方は、ライトスタッフにご相談ください。

◆オフィシャルサイト:http://www.writer.co.jp/
◆ライターとの出会いをサポート:http://www.writer.gr.jp/
◆電話でのお問い合わせ:06-6364-5657
◆メールでのお問い合わせ:http://www.writer.co.jp/inquiry/
◆営業時間:平日10:00~19:00
◆定休日:土曜・日曜・祝日
◆住所:〒530-0055 大阪府大阪市北区野崎町1-25新大和ビル207
◆駐車場はございません。公共交通機関をご利用いただくか、
お車の場合はお近くのコインパーキングをご利用ください。
****************************************************

▼役に立ったと思ったら、シェアしていただけますと幸いです。

Pocket

関連記事