toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

【43】損をしないための契約書の条文チェック&作成講座

このセミナーは既に終了しました。

開催データ

名称: 第43回 関西ライター勉強会
日時: 2013年9月20日(金) 18:45~21:00
テーマ: 「損をしないための契約書の条文チェック&作成講座」
講師: 岡田晃朝(おかだ・あきとも)氏
対象: ライター
場所: 大阪産業創造館6F 会議室D
大阪市中央区本町1-4-5

勉強会概要

フリーランスで仕事をしていると、発注者である企業から契約書を強要されることは少なくありません。ざっと流し読みをして押印し、後から「もっときっちり読んでおくべきだった」「そういう意味だったのか…」と後悔したことはありませんか? また取決めを文書でなく口頭だけでやり取りし、受注当初の条件とは違う金額で請求書を要求されたり、報酬額内で範囲外の業務を色々とさせられたりすることは珍しくないと考えます。

今回はあさがお法律事務所の弁護士、岡田晃朝氏に契約書の条文チェックの仕方および自分が損しないための企業への契約書作成をテーマにそのポイントをお話ししていただきます。

講師紹介

岡田晃朝(おかだ・あきとも)氏

1973年 大阪府生まれ。20社以上のアルバイトを経て、株式会社リーブ21、株式会社ダスキン法務部にて、零細企業(加盟店・店舗レベル)から大企業(本部)までの法務業務全般を担当。脱サラし2008年に司法試験合格。これまでの勤務経験を生かし、今までに無い現場の実情に対応した弁護士を目指し「あさがお法律事務所」を2011年に設立。訴訟だけでなく交渉や会社の予防法務対応、法文書や契約書の作成、セミナーや大学での講師等、新しい形の法律サービスの提供を模索しながら活動中。西宮市在住。
あさがお法律事務所

Pocket

関連記事