toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

【31】企画が通るプレゼン術

開催データ

名称: 第31回 関西ライター勉強会
日時: 2011年3月4日(金) 18:45~21:00
テーマ: 「企画が通るプレゼン術」
講師: 椹寛子(さわらぎ・ひろこ)氏
対象: ライター
場所: 大阪産業創造館6F 会議室C
大阪市中央区本町1-4-5

勉強会概要

企業が(自社の)情報発信ツールの編集・文筆をプロに発注する傾向にあるものの、それをこなすノウハウ(=広告制作のノウハウ)が出版系ライターにないのも事実です。そこで今回は、企業とやり取りするうえで不可欠かつ出版系ライターには縁遠い、クライアントに企画を通すために行う効果的なプレゼン(プレゼンテーション)の方法を、コピーライターの椹(さわらぎ)寛子氏に講義いただきました。

広告制作するプロセスで、クライアント企業の意向やその目的等を確認するオリエンテーションというヒアリングの場があります。マーケットの現状や秘めたる企業のニーズを、どれくらい引き出せるかが鍵になってきます。「オリエンペーパー」という広告業界ならではの資料の存在、基本的な質問項目、企画(アイディア)の作り方を教えていただきました。

プレゼンは、相手を喜ばせるプレゼントを用意し、喜ばせるための演出をすることが大事だと椹氏は話します。「御社のことをよく理解していますよ」「この企画は御社にとって有益です」と語りかけ、企画内容だけでなく「この人に頼めば、きっといいことがありそうな気がする」と相手の信用を得ることが重要なのです。「自分の意見を相手に理解させる」というスタンスではなく、「企画そして自分自身を相手に好んでもらう」そんなスタンスでプレゼンに臨みたいものです。

講師紹介

椹寛子(さわらぎ・ひろこ)氏

京都府生まれ。大学在学中から、広告制作会社でコピーライターとなる。大手広告代理店へ出向し、企画、コピー、ディレクション、プレゼンテーションまでトータルで担当。新聞・雑誌広告、ポスター、会社案内、ホームページ、商品ネーミング、テレビ・ラジオCMなど幅広い媒体を使った広告制作に携わる。2010年独立。独立後は、得意分野の「妊娠、出産、育児」「ワークライフバランス」「京都」を生かした書籍の企画・編集・執筆や、コラム執筆、コピーライティングのセミナー講師としても活動。大阪府在住。

Pocket

関連記事