toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

【27】電子書籍出版するまでのHOW TO講座

開催データ

名称: 第27回 関西ライター勉強会
日時: 2010年9月25日(土) 18:45~21:00
テーマ: 「電子書籍出版するまでのHOW TO講座」
講師: 佐藤広幸(さとう・ひろゆき)氏
対象: ライター
場所: 大阪産業創造館6F 会議室A・B
大阪市中央区本町1-4-5

勉強会概要

インターネットの普及により、本が売れない時代と言われ久しくなります。昨年のiPhone、今年のiPadの発売により、ついに端末で本を読む電子書籍の時代が到来しました。今回は、出版社を介さずに個人で電子書籍を出版・販売するまでの方法を、ライターで端末販売会社の取締役を務める佐藤・広幸氏に講義いただきました。

これまでの“紙の本”とは違い電子書籍には、商品が安価・手軽に出版できる・印刷コストがかからないなど、読者・作家・出版社それぞれにメリットはあるものの、これまでの出版流通の仕組みを根底から崩すという一面もあり、インフラ整備が一筋縄にいかないという現実もあります。また、手軽に出版できると言うものの、その手続きは煩雑です。今回の勉強会では、電子書籍出版するためのアプリケーション制作、販売に当たり必要なディベロッパー(事業者)の契約、印税等に関する知識を学びました。

記事を手がけるのがメインのライターにとって、著書を持つことはステータスであり、誰もが持てるものではありませんでした。しかし電子書籍の登場でこれまでの常識が変わりつつあります。この風潮からも、本を一冊書けるだけの専門知識・編集能力がライターには益々必要になってきています。

講師紹介

佐藤広幸(さとう・ひろゆき)氏

1965年生まれ。大阪市在住。幼少よりクルマに興味を持ち、大学で自動車工学を修得後、日刊自動車新聞関西支社に入社。記者として活動後、フリーの自動車ライターとして独立。自動車雑誌を中心に『HanakoWEST』、『Meets』、『関西1週間』など一般誌にも連載を持つなど精力的に活動後、自動車雑誌『カーバイセル』編集長、『BackShot」編集長などを経て、現在は自動車雑誌『オンリーメルセデス』にもコラムを連載中。また同時にドコモショップ2店舗、ソフトバンクショップ6店舗、auショップ3店舗などを運営する携帯電話の販売会社、取締役も兼務。雑誌で連載中の自身のエッセイを纏めた『ドイツ魂』を電子書籍化。その他、現在多数のiPhone&iPad向けアプリも開発中。

Pocket

関連記事