toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

サービス概要

当サイトを訪れてくださったあなた。仕事を探しているライターでないとしたら、おそらく以下のどれかに当てはまるのではないでしょうか。

  • 抱えている案件のコピーや記事を書けるライターを探している広告代理店、制作会社の方
  • 誌面を一新したく、新たなライターを探している雑誌編集者の方
  • 自社のHPやチラシなどのコピーを手がけるライターを探している企業の方
  • 自分の本を代筆してくれる(ゴースト)ライターを探している著者の方 等々

適任人材、つまりその案件を担当するのに相応しい経験(実績)、知識、スキル、性格、その他の属性を明確にし、それらの要件を備えたライターを確保・手配するのは、容易なことではありません。

またライターと日常的に仕事をしている方にとって、新たなライターを起用するのは大変勇気がいることです。「要望どおりの記事やコピーに仕上げてくれるだろうか?」「仕事をするうえでの相性が合うだろうか?」「無理を聞いてくれるだろうか?」など、色々な不安が頭をもたげます。

結局、スキルや知識の面でその案件に適しているかどうかという、一番大事な点に少しばかり目をつぶって、少なくとも人柄や仕事に対する姿勢がわかっている、自分・自社のネットワーク内のメンバーの中から起用することが多くなります。

以下は、ライターを起用する側の方々から伺う悩みです。

「社員もしくは外部スタッフとしてライターの頭数は確保できているものの、必ずしもそれぞれの適性や得意分野にマッチした案件の割り振りになっていない。結果的に原稿や制作物の出来映えが、期待した水準に届かないことがある」

「比較的似通った分野の案件が多く、それに適したライティングスタッフを社内外に揃えているので、人材と仕事のミスマッチは比較的少ない。しかし常に同じメンバーが執筆を担うことで、クライアントや読者から、内容が新鮮味に掛ける(マンネリ気味だ)との評価が寄せられている」

「クライアントから案件を受注する際に、しばしば特定の業種や分野に精通したライターの起用を求められることがある。身近に適任者がいなければクラウドソーシングサイトで募るが、ネットを介しての自薦という制約から、『これぞ求めていた人材だ』というライターに出会えることもある一方、結果的に期待外れでクライアントの信頼を失ってしまうこともあった」

「当社は普通の事業会社だが、自社サイトの更新や記事追加については、名文を期待しているわけでもないので、事業や商品のことも分かっている社員が担ってきた。しかし本来業務を別に持つ社員が、結果的に読者に伝わりにくい文章を、長時間掛けて執筆している様を見ると、コストや品質などの面から正しいやり方なのか、昨今は疑問を感じている」


いかがでしょう、あなたにも思い当たる部分があるのではないでしょうか。

「優秀な(デキる)ライターか否か」だけでなく「(対象となっている案件において)適任ライターか否か」――是非こういう視点をお持ちいただきたいと思います。ライトスタッフの「ライターコーディネートサービス」であれば、そういう人選が可能になります。原稿や制作物の品質向上にもご担当者の負担軽減にもつながるはずです。