toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

広報(PR)の重要性について

宣伝・広告と同じような意味で、私たちは広報およびPRというフレーズを日常的に使っています。一般に「広報」とは、その字のごとく広く報じることですが、ビジネスをする上で広報とは、パブリック・リレーションズ(PR)のことを指します。この英語を意訳すると、「世間(社会)との関係構築」あたりになるでしょうか。ライトスタッフでは、広報を「消費者および世間の人々が、自社および自社商品(サービス)に対して良いイメージを持ってもらうためにする行動であり姿勢」と定義づけています。

宣伝・広告の目的が売上の増加であるのに対し、広報活動では、企業イメージ(好感度、信頼度)の向上を目指します。機能面・価格面でいくら消費者ニーズを満たしていたとしても、その商品やサービス、それらを提供している企業に信頼がなければ、モノは売れません。広報とは、宣伝・広告をしたときに買ってもらえるだけの社会的信頼を醸成するための活動であり姿勢とも言えます。商品やサービス、それを提供する自社が、信頼に値することを世間に広く報じなければなりません。

理屈立てて考えれば、ごくごく当たり前のことです。しかし広報を意識した経営をなさっている企業は極めて少ないのが現状です。宣伝・広告に多額の資金を投じていながら、いっこうに成果が現れないと嘆く企業の多くが、広報活動の大切さに気づいていません。

コンプライアンス(企業倫理)への取組みが企業イメージに直結する現在、広報の役割は益々重要になっています。ライトスタッフでは、経営における広報の役割について啓蒙活動に取り組む一方、個別クライアントに対して、広報およびパブリシティ活動(新聞・テレビ等に記事やニュースとして取り上げられるための取組み)の実践的支援にも注力しています。

Pocket

関連記事