toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

当社の事業について

制作現場のボトルネックになっているライター選定……
ライトスタッフが担う発注側とライターのマッチング機能が
コンテンツ制作の質と量の向上を実現します

ライトスタッフ代表の北村守康です。

現在のビジネス環境においては、「コンテンツ」の良否が事業の成否を左右すると言っても過言ではありません。

日本をはじめとする先進国では、物質的な豊かさを追求する段階から、質的もしくは心理的価値を重視したサービスやコンテンツを求める大きな流れの中にあります。このことは商品(売買対象)としてのコンテンツに限りません。他の商品のセールスにおいても、以前であれば、売り手の信頼性はその企業の資本金の大小、製品の品質はカタログスペックの善し悪しなどから判断していたところ、昨今はその企業が発信するコンテンツが、より大きな意味を持つようになっています。

マーケティングの世界では「顧客体験」という言葉が存在感を増しています。このことからもわかるように、紹介記事やマーケティングツール、プレゼンテーション動画など、なにがしかのコンテンツを通じ、「その商品を購入することで、どのような便益・価値・満足感を得られるか」を評価し、それが購買活動に大きな影響を及ぼすようになりました。

それほど重要なはずのコンテンツの制作現場の状況はどうでしょうか。我々が関与するテキストやコピーライティング――コンテンツの中核を担うこの分野では、最も重要な書き手の起用において、最適な人選が行われるような仕組みが存在するでしょうか。競合を意識して各社がライティングスタッフの多くを社員として囲い込んでいるというのであればわかりますが、現実はそうではありません(ライターの多くはフリーランスです)。

依頼者とライターのマッチング

ライトスタッフに依頼すると

依頼者とライターのマッチング

私は、これまでライターとして多種多様な記事やコピーを書き、ディレクターとして数多くのライターを起用して来ました。両方の立場を経験しているからこそ、ライターの本音や起用する側の事情も理解しているつもりです。

だからこそ言えることですが、発注サイドと執筆を請け負うライターのミスマッチが、良質なコンテンツを制作するうえで障害になっているのです。上手く間を取り持つ存在さえいればWin-Winの関係が築けるはずなのに、発注側は手近にいる必ずしもその案件で適任ではないライターを起用し、ライターの側も近しい取引先から必ずしも自分に向いていない案件を受託している――そんなケースを数多く見てきました。

それではいけないと考える編集者やディレクターもいらっしゃいます。社内や周辺など狭いネットワークに固執することなく、クリエイターを対象とするWeb掲示板などを活用しながら、各案件の特性を考慮し本当に適したライターを発掘・起用しようとされています。その労力たるやかなりのものですが、それでも適任のライターと出会えるとは限りません。

そんな問題を解消したいという思いから、ライトスタッフは設立されました。

案件毎に最適なライター人材の手配を通じ、原稿品質の向上と担当者の負担軽減、その両面から顧客企業に貢献するのが当社の「ライターコーディネートサービス」です。その強みは、多彩なライター陣を擁するそのネットワーク力と、その中から案件毎に最も適した人材を特定・起用するマッチングノウハウ。この2つを高い次元で両立させることで、制作のプロたちから効果性の高いコーディネートサービスとして認知・評価され、継続的にご依頼・ご相談される――そんな存在になりつつあります。

最高のマッチングサービスを通じ、「良質なコンテンツ制作に欠かせないインフラ企業になる」「日本を真のコンテンツ大国に押し上げるその一翼を担う存在となる」ことを目指しています。