toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

ライターへの取材・執筆の依頼方法

プロの書き手に取材・執筆を依頼したいと思っても、その経験がない人にとっては何をどうすればいいのか分からないと思います。

ライターに仕事の依頼をする手段は、一般的に以下の4つです。

1) ライターに直接依頼する
2) 制作会社や編集プロダクションなど会社に依頼する
3) ライターとのマッチングサイトを利用する
4) 第三者を通じてライターを(無償で)紹介してもらう

どれが最適かは、依頼する側の状況によって異なるので一概にいえません。それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

1)ライターに直接依頼する

【メリット】
ライター個人と直接やり取りをするので、仲介マージン等が発生しないのでその分、安く済みます。直接の受発注関係なので密なコミュニケーションができます。

【デメリット】
WEBや紙媒体のクリエイティブディレクターや編集者なら、ライターに的確な指示をして思い描く文章に仕上げてもらえますが、クリエイティブディレクターや編集者以外の人にとってはライターと直接やり取りするのはハードルが高いです。第一、ライターに的確な指示は出せないですし、そもそもそのライターが依頼する案件にふさわしいのか見当もつきません。

2)制作会社や編集プロダクションなど、会社に依頼する

【メリット】
WEBサイトや紙媒体の制作を主たる業務にしている会社なので、依頼者の要望を聞いてくれたうえで適切なライターを手配し、納品まで責任を持ってやってくれます。

【デメリット】
限られた数の社内外のスタッフからライターを選出するため必ずしも依頼案件にふさわしいライターを手配してくれるとはいえません。また制作や編集が本業であるため、業務の一部分に過ぎないライティング(取材・執筆)のみを受注してくれないこともあります。社外スタッフの中からライターを手配した場合、仲介マージンが加わり、費用が大きくなることもあります。

3)ライターとのマッチングサイトを利用する

【メリット】
サイトの規模・システム、依頼内容によって多少異なりますが、依頼者の希望の条件で対応できる不特定多数のライターから選ぶことができます。

【デメリット】
登録ライターが大変多いところもありますが、中には実力や実績が疑わしい人もいます。取材・執筆のやり取りはライターと依頼者と直接するので、依頼する側の経験や目利きが必要になります。フェイスtoフェイスを大切に考える依頼者にはそもそも適しません。

4)第三者を通じてライターを(無償で)紹介してもらう

【メリット】
ライター個人と直接やり取りできるので、仲介マージン等が発生しないのでその分、安く済みます。直接の受発注関係なので密なコミュニケーションができます。

【デメリット】
WEBや紙媒体のクリエイティブディレクターや編集者なら、ライターに的確な指示をして思い描く文章に仕上げてもらえますが、クリエイティブディレクターや編集者以外の人にとってはライターと直接やり取りするのはハードルが高いです。第一、ライターに的確な指示は出せないですし、そもそもそのライターが依頼する案件にふさわしいのか見当もつきません。

 

いかがでしょうか? 
最初に述べたように依頼する側の状況によって、どの方法を取るのかは異なって来ます。ご自身の状況を踏まえて4つの中から選んでください。

最後になりますが、弊社ライトスタッフは、ライターコーディネートいう他にはないコンセプトでライターの手配を主たる業務として展開しております。5つ目の選択肢に加えていただければ幸いでございます。


ライターコーディネート
http://www.writer.co.jp/writer-coordination/

Pocket

関連記事