toggle
ライターと依頼主の最適なマッチング、それがコンテンツを特別なものにする鍵です。案件特性を考慮の上、最も相応しいライターを選抜・手配し、納品までワンストップでお手伝いします。

コーディネーターからライターソムリエへ

名刺の肩書を「コーディネーター」から「ライターソムリエ」に変更しました。今ワイドショーで話題になっている、お笑いタレントが反社会的勢力の会合に参加した問題で、仕事を仲介するブローカーやコーディネーターの存在が取りざたされています。もちろんブローカーやコーディネーターという職種に悪い意味合いはまったくありませんが、グレーなイメージは拭い切れません。

弊社のメイン事業の「ライターコーディネート」を実行するうえで、コーディネーターという肩書は妥当なのですが、〇〇コーディネーターは世の中にごまんと存在します。物事を調整する人を意味するコーディネーターから、仕事内容、立ち位置は正直よく見えません。コーディネーター(正式にはライターコーディネーター)は、案件の内容や依頼者の好みに合わせてライターを選定する、例えるなら、料理の内容や客の好みに合わせてワインを選定・提供するソムリエのような存在と説明しているので、それをそのまま職名にしました。

自分を売り込み過ぎていて、ムカつく

職名を変更したので名刺を新たに発注したのではなく、名刺の裏に記されている情報が「自分を売り込み過ぎていて、ムカつく」と言われたので、名刺裏の情報を変更するついでに表面の情報も変えよと思い立ち、その流れで肩書も変更しました。

他人からムカつくと言われたから、それを気にするあまり衝動的に変えようと思った訳ではなく、以前からこの情報、この書き方では稚拙と思われるのではないかと、少し気になっていたところにそう言われたので、変更しようと思い立ちました。たった一人の意見で? それを言った人は私が相当気にかけている人? そんなことはまったくなく、一度会ったきりで、私に対して固定観念がない方に「自分を売り込み過ぎていて、ムカつく」と言われるくらいだから、名刺を見た多くの方が多かれ少なかれそう感じると思います。ハインリッヒの法則が頭を過りました。一つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背後には300の異常が存在する。という大事故や大失敗を検証する際に用いられる、あの法則です。

私自身、過剰に自分を売り込む人は大の苦手のはずなのに、自らの口で語ってないにせよ、名刺という媒体を使って過剰に自分を売り込んでいたのです。それを認識して以降は、その名刺を出すことがはばかられ、この2週間、初対面の人に対して「今、名刺を切らしてまして」と言う始末でした。

一目瞭然、ユーモア、スッキリ

名刺裏の情報は、売り込むとか、奇をてらって印象づけるという発想をやめ、見た人が弊社はどんな事業をしているのかを一目瞭然で分かるようにしました。事務的なものにならないよう、最後に意外性とユーモア、地元吉野の観光に関することなら何でも聞いてくださいというスタンスを示しました。

表面は、ライターソムリエに変更したほか、「代表社員」を「代表」に変更しました。合同会社では、代表社員が社長のことを指すのですが、まだまだ一般的ではなく、「社員の代表」=チームリーダー、課長、部長の印象を与えると思い、代表と改めました。それから、社名の上のキャッチフレーズも独りよがりでウザいと思い、取ったらスッキリしました。舞台装置家で題字作家の竹内志朗さんに制作してもらった、手書きの社名ロゴが際立ち、さらに輝きを増したように思うのは私だけでしょうか? 

【関連ブログ】
責任と誇りを持ってライターコーディネーターしています
http://www.writer.co.jp/責任と誇りを持ってライターコーディネーターし/

****************************************************
大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山でライターを
お探しの方は、ライトスタッフにご相談ください。

◆オフィシャルサイト:http://www.writer.co.jp/
◆ライターとの出会いをサポート:http://www.writer.gr.jp/
◆電話でのお問い合わせ:06-6364-5657
◆メールでのお問い合わせ:http://www.writer.co.jp/inquiry/
◆営業時間:平日10:00~19:00
◆定休日:土曜・日曜・祝日
◆住所:〒530-0055 大阪府大阪市北区野崎町1-25新大和ビル207
◆駐車場はございません。公共交通機関をご利用いただくか、
お車の場合はお近くのコインパーキングをご利用ください。
****************************************************

▼役に立ったと思ったら、シェアしていただけますと幸いです。

Pocket

関連記事